革の財布でバッチリ決める!革財布ランキングLABO

三角の画像

ホーム > 財布情報 > 革の財布は見栄えがしますからいい物が欲しいです

革の財布は見栄えがしますからいい物が欲しいです

営業職でスーツを着ることが多いと革の財布が欲しくなりますが、これはやはり見栄えが布製やナイロン製の物と比較して違います。
ただこれには欠点があって水に塗れると縮むと言うことであり、雨に当たらなようにすることが重要です。
だから雨が降りそうな時はナイロン製の物を持っておいた方がいいなと考えられます。
夏場に仕事中に突然通り雨に合いびしょ濡れになることがたまにありますが、それがあるので夏場は注意が必要です。
革の財布は価格帯が高い物から安い物まで幅が広いです。
このように価格帯に幅がある物は、実売店で買うと安い物を買う時恥ずかしいと感じることがあります。
したがってあまり高くない物を買う場合はネット通販を使うと気兼ねなく安物でも買うことができます。
ネット通販ではこれに関してびっくりする程たくさんの種類が販売されており、高価な物でもじっくり選択して買えるメリットがあります。



長く使うなら、やっぱり革の財布がおすすめです

毎日使うお財布、どんなものを使っている方が多いでしょうか。
いろいろなデザイン、いろいろな素材のお財布がありますが、何年も買い替える予定がないという方や、味が出るまで長く使いたい、そんな方にはやっぱり革のものがおすすめです。
革のお財布というと、茶色や黒など、少しおじさんのようなイメージを抱いている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
女性にぴったりなカラフルな色も多くありますから、老若男女どんな方にもおすすめです。
男性には、やっぱり定番の黒や茶色、キャメルなんかが人気です。
男性はバッグを持たずにそのままポケットに入れる人も多いので、あまり色で冒険する人は少ないかもしれません。
ファッションになじむ色が人気です。
反対に女性は、いつもバッグに入れるので、好きな色、服では選ばない明るいカラーを選ぶことも多いようです。
毎日使うアイテムだからこそ、見るたびにテンションがアップするようなお気に入りを見つけられると良いですよね。



革の財布はしっかりメンテナンスするべき

革小物にも色々ありますが、所有率が高いのは財布でしょう。
ほぼ毎日持ち歩くため汚れやすいです。
型崩れもしやすいので、こまめにメンテナンスをしなくてはいけません。
メンテナンスを怠ると、革に汚れが浸透してしまい、財布の寿命を縮めるので注意しましょう。
メンテナンスの仕方ですが、いきなり専用のクリームで磨く人がいますが、これはNGです。
まず初めに、乾いた布でしっかり乾拭きするようにしましょう。
乾拭きをしてからクリーム磨いていくのが正解です。
また、表面だけ磨いて終わりと言うのではいけません。
中身を整理することも忘れないようにしましょう。
レシートや領収書だらけだと金運が下がってしまいます。
中身はすっきりさせておくのが鉄則です。
ちなみに、クレジットカードは何枚も財布に入れないようにしましょう。
2枚までにしておくべきです。

次の記事へ

カテゴリー