革の財布でバッチリ決める!革財布ランキングLABO

三角の画像

ホーム > 財布情報 > 使う素材で変わる財布

使う素材で変わる財布

 革の財布を選ぶときに気になるポイントはどの革を選ぶか当店です。さまざまな種類がある革の中でも使いこんだ時の特徴があります。革の中でも一番有名な牛革は上品で柔らかなカーフスキンやキップスキン、丈夫できめ細かいステアハイド、牛革の中でも一番定番なカウハイドなどがあります。牛の性別や年齢によっていろいろな特徴があり使えば使うほど味わいが深くなります。加工方法によってはスエードやヌバックなど質感もいろいろあります。牛革は財布に使ったときには他の素材よりもクセがなく、飽きがこない素材で長く使うことができ耐久性も高く手入れも手間なく行うことができ変化を楽しみながら使うことができます。
 豚革は日本国内で飼育されてなめしや加工までを行う国内革が多いです。摩擦に強く柔らかく硬くしたりするだけでなく半透明に加工することもできます。耐久性が高く溶接工の人などが作業用に使う手袋として利用されています。もともとは豚の革は革財布としては評価が低い傾向がありましたが、最近はハイブランドが財布だけでなくバッグとしても活用していることがからファッションアイテムとして注目さいれている素材です。

 馬の革は革の宝石やダイヤモンドとも呼ばれていて稀少な革製品です。磨けば磨くほど輝くという特徴があります。牛の革よりも水に弱く、型崩れや傷がつきやすいですが、丈夫な素材で使用頻度が高い財布として利用するにはおすすめの素材です。鹿の革にはメスとオスの革によって素材が分かれており、メスは柔軟性があり肌触りがとても良い素材です。財布としてだけでなく、剣道の防具や水泳選手が使うセーム、メガネ拭きなどにも利用されています。
 鹿の革の中でもセーム革は独特のなめしを行っていて水洗いをすることができます。日本は牛よりも鹿の革を古き時代から利用しているため馴染みある革です。ヤギの革は肌触りが大変柔らかく強度があるのに薄くても丈夫で軽量な財布をつくることができます。革の摩擦性能が高く利用頻度が高い財布として優れた素材で加工によっては光沢をだすことができます。

 ワニ革はエレガント感をだすことができゴージャスな財布となります。種類が豊富にありますがウロコの配列がきれいに整っているもの程高級品として取り扱われています。ヘビ革にはワイルドなイメージとセクシーさがあり、インパクトの強い財布になりますし、ヘビの革には縁起がよいともいわれています。エイの革は古き時代から高級品として取扱いがされていました。
 独特なかがやきがあり特別な質感があります。非常に硬い革で傷がつきにくく、エイ自体が水の生き物なため水にも強いという特徴があります。ワシントン条約によってゾウの捕獲が禁止されていることもあり、大変稀少性があるゾウの革は販売している店舗も非常に少ない革です。生体保護のために限定的に捕獲されたゾウの革が商品化されています。稀少性が高いことから人と違った革の財布が欲しいという人に注目されています。

次の記事へ

カテゴリー